男女

事故車は買取に出すのが先決|費用を払う必要なし

  1. ホーム
  2. 漁船を売買するには

漁船を売買するには

船

売買の種類

漁船を買いたい、または漁船を売りたいと思った場合には漁船販売業者を使うか漁船販売以外の方法を使う2つの選択肢があります。漁船販売業者はわかりやすく、漁船の売買を仲介することを仕事にしている業者のことで、新船から中古船までさまざまな漁船を扱っており、漁船販売はもちろん買取り、仲介、また漁船の整備やエンジンや漁船関連の器具などの売買の斡旋なども行っているので自動車のカーディーラーのように安心して漁船を使うことができます。一方で漁船販売業者以外の方法は、いわゆる個人売買に相当するもので、個人的に漁船を譲ってもらうというものです。メリットは漁船販売業者を利用しないぶん中間マージンが発生しないので安価に購入することが可能ですが、整備されていない漁船を買わされることもあるなど、一定のリスクがあるので初心者には向いていません。また船を手に入れる際に気をつけなければいけないのが、船舶免許で、長さ3メートル以上、エンジン付きボートの場合で海岸から9kmまでの航行には2級船舶免許が必要ですし、それ以上となると1級船舶免許も必要です。漁船販売ではそのあたりの注意も行ってくれます。漁船販売業者を選ぶポイントとしては、近くにあることが良い条件といえます。もともと流通量が少なく価格競争がないので業者が違うからといって、同じ条件の漁船であればそれほど値段差は発生しませんから、アフターサポートを受けられる業者の方がメリットが多くあります。